経営実践研究会の感想

私が主宰している「経営実践研究会」を通じ感じたことを紹介したい。
素晴らしい実績を持つ専門職が事業拡大をし経営者になる方が多い。

その方々が必ず直面する課題が人事関連である。


採用、離職率改善、業績連動型給与制度、評価システム、後継者育成、等人事システム制度の課題もあるが、それ以上に社長のマネージメントスタイルの課題が多い。


社員への感謝を忘れていないか、社員の個性を引き出しているか、仕事ができる右腕が組織成長の障壁になっていないか、自分の成果と同じ成果を求めてはいないか、人材パイプラインの管理が出来ているか等、の議論をすると、殆どの会社が十分な思考をしていない。


一方、経営者の課題を聞くと第一に人事問題が挙げられる。
社長及び管理職の仕事は最強の組織を構築することだ。

自分でいい仕事を続ける以上部下は成長しない。
いい仕事を社員にさせ社員を成長させるのが社長の仕事である。