業績の伸び

年率何パーセントの伸び?

こんな言葉は無縁だと言える様な業績の伸びでした。

1990年5万5千台の年間出荷台数が、1995年のWindows95の発表まで毎年倍々ゲームの伸びでした。

社員も、今振り返っても一人一人に又会いたいと思うほど個性豊かなタレントでした。

この時ほど”Enjoy Business"と云う言葉を体現したことはなかったと思います。


「アップルがコンピューター会社でなくなる日」というコンセプトビデオを作成し、販売店会だけで見せました。

今日、その日が実現したことは言うまでもありません。

当時、今日のアップルの姿を確信したものが何人いたでしょうか?


これを忘れたアップルの舵取りが1995からの試練を迎えたのです。