大みそか

今年は、いろんなチャレンジがあった。

2月の東京マラソンを最後に、マラソンとトライアスロンを休みにし、ゴルフの再デビューをした。

昔は相当ハマったゴルフだったが、年に数回だけの仕事の付き合いゴルフで相当腕が落ちている。

驚くほど飛距離が落ち、原因が分かっているミスを繰り返す。

道具に懲り、早朝6時にコースに向かい、コース会員の方とラウンドするのが最近一番のやりがいだ。

2時には帰宅し、それから仕事を入れるので一週間が大変忙しい。(週のラウンド数は秘密)

来年はスコアーの改善、飛距離の進化を目指す。


仕事の面も充実した一年だった、

ソニーの社外取締役、いくつかの会社の顧問に合わせ、中堅会社の若い社長向けセミナーが増えてきた。

大企業の社長歴20年の後、いろんな業種と規模の会社経営者との接点は、私にとって極めて新鮮であり、過去にはなかった学びが沢山ある。

全ての企業の普遍的課題は”人事”である。採用・教育・組織作り・後継者育成・報酬制度面ですべての会社が課題に取り組んでいるが、日本企業がまだまだ学ぶべき変革の機会点が沢山あるように思う。

実行管理のダッシュボードマネージメントも課題がある会社が多い。

私のセミナーは極めて実践的な内容に特化している。

大事な点は、社長自身の成長だ。社長自身の学びと成長がなくて社員と組織の成長はない。

その学びはセミナーに参加すればいいわけではない。異業種から学ぶ、知らない世界を知る、深い思考を繰り返す事が求められる。「知識と経験が創造力の障壁だ」という言葉は、まずは社長にお伝えしたい。

来年も、若い経営者の育成に努めたい。